マラス対策-歴史-これだけは知っておきたい!
ホンジュラス 写真
マラス対策


 一方、治安の改善はすすまず、04年12月にホンジュラス北部のサンペドロスラで若者の犯罪組織「マラス」によるバス襲撃事件がおきた。この事件で女子をふくむ28人が殺害され、社会に大きな衝撃をあたえた。マラスは他の中米諸国でも事件をおこしており、マドゥロ大統領は国内だけでなく、中米5カ国と連携してマラス対策にのりだした。
 2005年11月、マドゥロ大統領の任期満了にともなう大統領選挙がおこなわれた。貧困対策のほか、改善のきざしのない治安対策、とくにマラス対策が大きな争点となり、野党自由党のホセ・マヌエル・セラヤ候補が当選、自由党が4年ぶりに政権をとりもどした。セラヤ候補は元国会議員で、マラスの取り締まり強化をはじめ、雇用の改善や腐敗根絶などを公約している。

ホンジュラス 写真


ホンジュラスで遺跡と
カリブ海を満喫!TOP


Copyright(C) 2009
ホンジュラスで遺跡とカリブ海を満喫!

マラス対策-これだけは知っておきたい!