テロと災害-歴史-これだけは知っておきたい!
ホンジュラス 写真
テロと災害


 こうした動きに対して、右翼や軍部が反発し、1995年以降爆弾テロがあいついだが、97年11月におこなわれた大統領と国会の選挙では、ともに与党の自由党が勝利して、翌98年1月にロベルト・フロレス・ベルムデスが大統領に就任、従来の路線が継続されることになった。98年10月、巨大ハリケーン「ミッチ」が中央アメリカをおそい、ホンジュラスでは死者6000人以上、行方不明1万人以上といわれる大きな被害をうけた。
 この大災害に日本からも自衛隊の医療部隊が国際緊急援助隊として派遣された。フロレス大統領は貧困の克服などをめざし、2000年5月には公務員の解雇などによる緊急緊縮財政計画をうちだし、6月にはメキシコとの自由貿易協定(FTA)に調印。同年7月には世界銀行とIMF(国際通貨基金)により重債務貧困国(HIPC)に認定された。


ホンジュラスで遺跡と
カリブ海を満喫!TOP


Copyright(C) 2009
ホンジュラスで遺跡とカリブ海を満喫!

テロと災害-これだけは知っておきたい!