開発の遅れ-歴史-これだけは知っておきたい!
ホンジュラス 写真
開発の遅れ


 1840年代から70年代、ホンジュラスにはフェレラ、リンド、グアルディオラなどの保守系の独裁者があいついで登場した。選挙は形式的なものにすぎず、政変が頻発した。
 1876年に実権をにぎったソト以後、19世紀末から20世紀初頭にかけては自由党系の独裁者がつづき、国家の近代化と輸出に力をそそいだ。保守党勢力の牙城(がじょう)コマヤグアから自由党の拠点テグシガルパへの遷都は、自由党が優位にたった結果であるとともに、政府が外国資本を誘致して推進した鉱山再開発の影響でもある。19世紀末に、アメリカ合衆国の鉱山会社が経済成長に大きな役割をはたしたが、ホンジュラスは依然として中央アメリカでもっとも開発がおくれていた。


ホンジュラスで遺跡と
カリブ海を満喫!TOP


Copyright(C) 2009
ホンジュラスで遺跡とカリブ海を満喫!

開発の遅れ-これだけは知っておきたい!