イントロダクション-コパン・ルイナス
ホンジュラス 写真
イントロダクション


 ホンジュラス西部、グアテマラ国境に近いコパン遺跡は、優雅で洗練された様式美を誇るマヤ遺跡だ。モアグア川の支流のひとつコパン川沿いには、紀元前10世紀ごろから人が移住し始め、5〜9世紀にはマヤ文明有数の都市として栄華を誇った。コパン遺跡の特徴は、神聖文字の階段や林立する石碑などに施された彫刻の高い芸術性にあり、多くの遺跡愛好家が魅了されている。グアテマラのキリグア遺跡と共通点も見られ、合わせてツアーなどで見学する旅行者も多い。
 遺跡見学の拠点となるのは、コパン・ルイナスというこぢんまりとした町だ。観光客が多いにもかかわらず、町の中では馬に乗った人が行き来するなど牧歌的で、のんびりした雰囲気。グアテマラから国境を越えてやってくる旅行者も多く、シャトルバスが運行されているなど、交通の便も良い。

ホンジュラス 写真


ホンジュラスで遺跡と
カリブ海を満喫!TOP


Copyright(C) 2009
ホンジュラスで遺跡とカリブ海を満喫!

イントロダクション-コパン・ルイナス